「システム開発とリーダーシップ」(全体像・学習メニュー)

テキスト名
「チームを成功に導くリーダーシップ」~ポジティブな影響力~

第1週 シラバス・授業概要の説明・自己紹介
・リーダーシップ発揮の第一歩
・リーダーシップとは
【目標】
・授業でのポイントを理解し、それをふまえてグループワークに参加することができる(各回共通)
・授業で取り扱う「リーダーシップ」の定義を理解し、それをふまえて授業のまとめプリントに自身の考えを記述することができる

 

第2週 リーダーシップはなぜ必要か
【目標】
・リーダーシップがなぜ必要とされているのかを理解し、具体例を挙げて説明することができる
・自分自身のリーダーシップ度を捉えて自己評価することができる

 

第3週 リーダーとリーダーシップ
【目標】
・素晴らしいリーダーの要素から、リーダーシップを捉え、表現することができる
・リーダーとリーダーシップという2つのものの違いを自分の言葉やイメージで説明することができる

 

第4週 チームとは?チームビルディング
【目標】
・グループとチームの違いを理解し説明することができる
・ここまでに学んだリーダーシップの要素をふまえてチームビルディングに取り組むことができる

 

第5週 様々なリーダーシップが存在する
【目標】
・様々なリーダーシップの発揮方法が存在することを理解し、それぞれの違いについて表現することができる
・授業の内容をふまえて自分自身の価値観にあったリーダーシップを見出し、それについて説明することができる

 

第6週 なぜ、あなたがリーダーなのか
【目標】
・誰もがリーダーシップを発揮できることを理解し、どのようにすればリーダーシップの発揮につながるのかを考え、記述することができる

 

第7回 変化するリーダーシップとVSOPモデル①:ビジョン(V:vision)
【目標】
・ポジティブな影響力によるリーダシップ(VSOPモデル)を知る。
・リーダーシップの形が、時代とともに変化してきたことを理解し、これからの時代のリーダーシップの要素について考え、記述することができる。
・ミッション・ビジョン・戦略・計画・管理・業務のピラミッドが理解できる。

 

第8回リーダーシップの実践:VSOPモデル②:戦略(S:strategy) 
【目標】
・演習を通して、リーダーシップを発揮し、ビジョンを達成するための戦略の立て方を理解し、実践することができる
 

第9回 リーダーシップの実践:VSOPモデル③:共有(O:Objective Sharing)

・「ビジョン・目標を達成するために、周りの関係者を巻き込んでゆくプロセス」のこと
関係者の巻き込みには
・コミュニケーション・スキルが重要

【目標】
・相手の心の窓を開く6つの話法を理解し、実践できる。

 

第10週 リーダーシップの実践:VSOPモデル③:共有(O:Objective Sharing)
【目標】
・相手の「価値観」を考慮したコミュニケーションを理解し、実践できる。
・相手の「感覚タイプ」を考慮したコミュニケーションを理解し、実践できる。
・相手の「行動タイプ」を考慮したコミュニケーションを理解し、実践できる。

 

第11週 リーダーシップの実践:VSOPモデル④:成功への熱意(P:passion)
【目標】
・演習を通して、ビジョンの実現、成功するために必要な熱意はどのようなものかを理解し、実践することができる.

 

第12週 リーダーシップを発揮してチームメンバーを育てる
【目標】
・チームメンバーの育成方法を理解し、育成プランを考えることができる

 

第13週 リーダーシップを発揮してチームメンバーを育てる
【目標】
・コーチングルーペを通してチームメンバーの育成方法を理解し、育成プランを考えることができる.

 

第14週 リーダーシップ総合演習
【目標】
・今までに学んできたことを基に、各自が自分に合った方法でリーダーシップを発揮することができる.
・これまでの授業を振り返り、自身のリーダーシップについて考えをまとめることができる.

 

第15週 総括・振り返り
・レポート記述
【目標】
・これまでの授業を振り返り、自身のリーダーシップについて考えをまとめることができる
・レポート記述のポイントを参照し、レポートを記述することができる