日本農業遺産

Pocket

段々畑応援隊:3時間畑を耕すと食事付きで農家に泊まれる制度(当社独自企画・インターン制度の延長)

の活動を含め、日本農業遺産の発展的保全戦略を推進しております。

和歌山・海南・下津・大崎山の上の畑を耕す野口様(お父様85歳)

勿論、後継者はいません。 この畑は、放置すると2年で山に戻ります。

日々の努力で、切り開き、守り続けてきた山の上の畑が、ほんの2年で ^_^;

爽やかな空気・素敵な景色が楽しめる畑です。

 

今回は、私のお願いで地中海トマトの苗を植えていただきました。

結構しんどかったです・・・・・

この金網は、イノシシ、アライグマ、アナグマ対策ですが、かなり被害にあうそうです。

静かな時間です。

ただ、山道を登り30分、下り20分程度歩きます。

以下の写真は、帰り道に移した山道です。

株式会社ワイドブックは、この畑を応援します。

学生諸君! 段々畑応援隊募集中です。

3時間汗を流し、大崎を楽しみ、美味しい魚を楽しみませんか!

(^_-)-☆

 

 

 

 

カテゴリー: 地域活性化, 日本農業遺産